【abyss単語解説】pipsって何か知ってる!?FX初心者はまず見るべき!

こんにちは!abyssの運営tyan@tyan_abyssです!

今回はFXには欠かせない単語pipsについての解説記事です!!

そもそもFXとは何?って方はこちらをご覧ください!

【みんな知ってる?】FXとは?初心者に完全解説

それでは本題に進みましょう!

 

 

【FX基本単語】pipsとは

これからFX(外国為替証拠金取引)でトレードをしていく方であればぜったいに避けては通れない専門用語である

「pips」

について解説していこうと思います。

pipsの読み方はピプスもしくはピップスと読みます!

pipsとは、percentage in point の略称であり、為替レートが変動するときの通貨の最小単位を表します。

ここまでがpipsの大まかな解説です!

次はもっとpipsの深い解説に移ります!

 

【FX基本単語】なぜpipsを使うの??

pipsとは?を解説して見たんですが、こう思った方いると思います。

「なんでそんなめんどくさい単位使うの?」

これについて解説しますよおお!

解説する前に、一つだけ前提として説明します!

日本円を始めとして、米ドル、豪ドル、英ポンドのような各国の通貨は日によって価格が変動しています。

このような仕組みを価格変動制(フロート制)とも呼ばれる制度を採用しています。

価格変動制(フロート制)についての解説記事はこちらから!

【日本円って日々値段変わってるの?】気になる価格変動制を解説!
(現在準備中です申し訳ございません><)

 

上記に書いた通り日本円を始め通貨は日々変動しています。

価格の変動は日本円で表すと、0.01円は1銭と表せますが、

日本円以外にも

  • アメリカのドル(米ドル)
  • イギリスのポンド(英ポンド)

があることから、全ての通貨を銭で表すのが難しいのです!

そこでpipsの登場です!

通貨ペアは考慮せずに、全てpipsで表しちゃえば簡単じゃん!

ということでpipsを使って通貨の最小単位を表すことが一般的になったんですね!

 

ここまでが実際にpipsが使われている理由です!

次はpipsの実際の使用例について解説していきます!

 

【FX基本単語】pipsの使い方とは

pipsの使い方について分かりやすい例をもとに解説していこうと思います。

下記のUSD/JPY(米ドル/円)の例をご覧ください。

100.00、100.01、100.02、100.03…

上記の例では少数第二位が1ずつ変動しています。この変動幅の差をpipsで表します。

100.00から100.02までの変動は、+2pips動いた

100.03から100.00までの変動は、-3pips動いた
↑の通りです。

 

少数が第三位でpipsの計算をする場合は、下記の通りです。

100.001から100.005までの変動は、+0.4pips動いた

100.005から100.000までの変動は、-0.5pips動いた
↑の通りです。

 

ここまではUSD/JPY(米ドル/円)を例に解説してきました!

 

ですがpipsに勘違いしやすい落とし穴があるので注意してください!

 

【FX基本単語】pipsの間違えやすい落とし穴とは?

さっきのpipsの使い方の説明では小数点第二位の変動をpipsが表していました!

間違えやすい落とし穴とは

通貨ペアの組みわせでpipsがどの小数点の値を表しているかが異なってくるんです!

それではpipsの落とし穴について解説します!

USD/JPY(米ドル/円)では少数第二位の変動幅でpipsを表しました!

ですが、その他の通貨ペアでは少数第四位の変動幅をpipsで表します。

これをどういうことか解説します!

先ほどの例は

日本円(JPY)と他の通貨でした!

この場合は上記のように小数点第二位の変動をpipsで表します!

 

しかしここで間違えやすいのが日本円(JPY)以外の通貨ペアの場合です!

上記の通貨ペアの共通点は

日本円(JPY)以外の通貨で構成されている点です!

上の図をみていただくとわかる通り日本円以外の通貨ペアの場合

小数点第四位の変動をpipsで表しています!

ここが非常に勘違いしやすいポイントでもあります!

 

ここで勘違いしないように1つ例を出します!

安心してください。先ほどと考え方は一緒です!

 

EUR/USD(ユーロ/米ドル)を例に解説します。

1.1328、1.1329、1.1330、1.1331..

上記の例では小数第四位が1ずつ変動しています。この変動幅の差をpipsで表します。

1.1328から1.1330までの変動は、+2pips動いた

1.1331から1.1328までの変動は、-3pips動いた
↑の通りです。

 

少数が第五位でpipsの計算をする場合は、下記の通りです。

1.13280から1.13282までの変動は、+0.2pips動いた

1.13310から1.13300までの変動は、-10pips動いた
↑の通りです。

 

以上が為替レートをpipsで表す際の計算方法になります。

 

【FX基本単語】pipsの使い方を簡単にまとめると

  • USD/JPY(米ドル/円)などの対円は小数第二位の変動幅でpipsを表す
  • それ以外の通貨ペアは少数第四位の変動幅でpipsを表す

以上になります。

ここが最重要になってますので間違えないように注意してくださいね!

 

【FX基本単語】最後にabyss_tyanから

今回はFXには欠かせない単語

pipsの解説を行いました!

わかりづらいところはなかったでしょうか・w・

これは

FXの基本の単語になりますのですごく心配です!

最初は難しいと思いますが、なれると意外と簡単です!

ぜひ皆さんもFXに慣れてみて色々チャレンジしてみましょう!

ちなみにabyssとis6comタイアップキャンペーン中ですのでFXを気になってたそこのあなた!

今がチャンスです!w

概要はこちらの記事からご覧ください!!

【abyss×is6com】ノーリスクで軍資金2万円プレゼント?キャンペーン詳細

 

そもそもabyssとは?って気になってる方こちらの記事をご覧ください!

【噂のabyss?】abyssとは?使い方、禁止事項を解説!

 

コメント