リップル(XRP)について

以前のビットコイン(BTC)の説明に続き、今回はアルトコインの一種である、リップル(XRP)について説明します。

リップルとは

リップル(XRP)とは、アメリカのリップル社が開発する送金ネットワークプロジェクトになります。国内・国際間の決済をよりスピーディーに、より安価に行えるような開発が特徴として進められています。

そのリップルではネットワーク上に「XRP」と言う通貨が利用されており、ビジネスでの利用だけではなく個人での購入や保有が可能です。また、XRPはリップル社が独自に発行する通貨であり、その他の仮想通貨や法定通貨と取引所等で交換ができます。

XRPとは

XRPはリップルプロジェクトの中で用いられる通貨です。ビットコインがビットコインネットワークで利用される通貨なのと同様にXRPはリップルネットワークの中で用いられます。

リップルネットワークはビットコインから誕生したブロックチェーン技術を元に作成されており、分散台帳技術(DLT)という技術が利用されています。その分散台帳技術を利用してXRPも発行されていて世界中どこでも素早く送金する事ができます。

XRPの特徴

XRPは1000億XRPが総発行量として定められています。その内の多くのXRPをリップル社が管理しています。(最低550億XRP。2017年12月7日時点)これはリップル社によればXRPの流動性を保つ為などの理由としています。

そしてその保有するXRPをロックアップ(凍結)している事も発表しており、急にリップル社が保有XRPを売り出す事でXRPの市場価格が暴落するような事はないとも発表しております。

XRPもビットコインなどの仮想通貨と同様に総発行量が定められている(ビットコインは2100万BTC)ので市場の需要と供給によって価格が変動します。日本円とのレートも存在し1XRP=〇〇円というように価格が定められます。

ブリッジ通貨としての機能

XRPは法定通貨とのブリッジ通貨としての機能もリップルネットワークを利用する事で果たす事ができます。例えば日本円ータイバーツの取引をしたい場合「日本の銀行」⇒「中継銀行」⇒「タイの銀行」というような経由を行う事になります。

そうなると銀行であるが故に例えば営業時間の問題・為替手数料(両替手数料)の問題が必ずあります。その為送金時間がかかる事や手数料が多くかかってしまいます。

XRPが介入する事で日本円をXRPに変換⇒リップルネットワーク上で即時送金⇒タイでXRPをタイバーツに変換、という事ができます(ここでは説明を簡略化しています)。

リップルネットワークのスピードがとても速い事や利用コストが低い事などから従来の国際間送金がよりスピーディにより安価に行う事ができます。このような特性をXRPは持ち、これをブリッジ通貨と呼びます。

ブリッジ通貨は例えば南アフリカのランドとトルコのリラ間で取引を行う場合基軸通貨として知られる米ドルが用いられる事があります。そうなれば更にコストがかかります。この役割をXRPが担おう、という事です。

コメント