【暗号通貨】ニューフリーメイソンのバリューコイン(FVC)とは!

どうもこんにちは、abyssの投資家ゲーマーKEIです!

 

今回はニューフリーメイソン(新洪門)の暗号通貨、バリューコインについての紹介させていただきます。

 

おそらく、まだほとんどインターネットには流れていない情報だと思います。

 

ニュー・フリーメイソン(新洪門)とは

 

 

ニュー・フリーメイソン(新洪門)は辛亥革命から100年後の2011年に棲み分けとして発足しました。

 

ニュー・フリーメイソン(新洪門)と聞くと秘密結社というイメージを抱くかもしれませんが、普通に一般の企業ともビジネスを始めていて、開かれた会であり、現在は秘密結社ではありません。

 

今は様々なビジネスを世界中でしており、会員は世界中に5600万人もいるとてつもなく巨大な組織です。

 

ホワイトフリーメイソンとはまた別の組織になります。

 

ニュー・フリーメイソンの詳細についてはこちらの記事にとてもわかりやすく書かれています。

https://coin-otaku.com/topic/20024

 

今回紹介することになった経緯

 

僕自身はニュー・フリーメイソン(新洪門)のメンバーではありませんが、

あるご縁から、ニュー・フリーメイソン(新洪門)の方々と直接お話しできる機会がありました。

 

それをきっかけにニュー・フリーメイソン(新洪門)の暗号通貨バリューコインのカンファレンスなどに参加させてもらったり、鈴木総会長から直接お話しも聞くことができました。

 

インターネットから拾って来た情報ではありません。直接聞いてきた情報になります。

 

こういった繋がりから今回バリューコインについて紹介させてもらいます。

 

バリューコイン(FVC)

現在のリアルタイムのレート


https://www.valuecoin.money

 

まだ上場はしていません。未公開コインです。来年に上場を予定しています。

 

バリューコインの目的

 

世界中にいる5600万人もいるメンバーの国際間送金や国際間でのビジネスなどに利用。

 

 

またニュー・フリーメイソン(新洪門)は世界各地で多数のビジネスを展開しており、二十年前から一般企業ともたくさんのビジネスをしています。

 

 

今後は新たなビジネスモデルの構築も目指していくそうです。

 

失敗できない理由

 

 

多くの暗号通貨が世の中にできていますが、残念ながらその多くが失敗や詐欺などで終わっています。

 

なので、今回のバリューコインが失敗できない理由を聞いたところ

 

 

「ニュー・フリーメイソン(新洪門)の影響力やブランディングを傷つけることはできないので、失敗する事はできない。また、これが失敗すれば他のビジネスにも悪影響を及ぼす可能性がある為かなり慎重に物事を勧めている。なので、バリューコインをローンチしてさよならなんてありえない」

 

とおっしゃってました。

 

バリューコインの特徴

マイニングが存在しない

 

ビットコインの場合は、世界中の不特定多数がマイニングに参加し、ビットコインの取引の承認をしていますが、

 

バリューコインにはマイニングがありません。

 

ノードはニュー・フリーメイソン(新洪門)が世界中に用意しています。

 

取引手数料は無料

 

手数料を高く払ったり、時間待たされたり、許可がおりないと送れなかったりはおかしい事ということで、取引手数料は無料となっています。

 

これにかかる費用はニュー・フリーメイソン(新洪門)が負担しています。

 

これは他にはなく、僕にとって衝撃的でした。

 

しかし、これが本来通貨のあるべき姿であるとおっしゃってました。

 

バリューコインの価格について

ビットコインの問題は一部がたくさん保有している事です。

 

94%のビットコインをわずか4%くらいのウォレットで保有されています。

 

例えば、ビットコインよりも良いコインが出たときクジラ達が一気に移動する可能性があります。

 

その時大きな暴落が起きます。

 

バリューコインはクジラなどの一部フォルダに独占されていません。

 

また、中央集権にはなりますが、わざとバリューコインの価値を下げるようなことはしません。

 

 

そして、ニュー・フリーメイソン(新洪門)が今後バリューコインじゃなくてこれからはなになにコインとか言って売ることは100%ないそうです。

 

ウォレットについて

 

世界で初の保険付きウォレットを作成しています

 

コインチェックなどの保証とは、一つのハッキング事件などに対し10億円の保証なので、前回のような数百億円規模のハッキング起きても、一人当たりの保証金にすると数千円などになってしまう。

 

がしかし、バリューコインのウォレットは一人あたりの補償金額10億円まで対応しています。

 

ウォレットに関する記事

バリューコインが世界最高峰セキュリティの鍵付・保険付ウォレット採用!「ニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーション」「FCOインターナショナルリミテッ...
ブロックチェーンジャパン株式会社のプレスリリース(2018年7月25日 11時09分)バリューコインが世界最高峰セキュリティの鍵付・保険付ウォレット採用!三社合同記者発表

 

ネットでフリーメイソンが関わってるコイン?

 

余談ですが、ネットでフリーメイソンが関わってるコイン?などの記事があがってたりすることがありますが、ニュー・フリーメイソン(新洪門)が関わってるのはバリューコイン以外存在していないそうです。

 

ただし、メンバーの1人が他のコインに携わる事などはあるかもしれないらしいです。

 

ちなみに、ホワイトフリーメイソンは銀行や金融を牛耳ってる立場なので暗号通貨を作ったりする事は考えにくいそうです。

 

最後に

 

このバリューコインの僕がポイントとして見てるところは、

 

まずはじめに、ニュー・フリーメイソンは世界中に5600万人ものメンバーがいて需要が見込めます。

 

そして、バリューコインの送金手数料が無料は革命的だと思います。

 

ニュー・フリーメイソン(新洪門)という強大な組織でバックグラウンドがしっかりしていると思います。

 

また今回のバリューコインについて洪門の鈴木総会長から直接聞いてる話だということです。

 

ほとんどのICOや暗号通貨が失敗していて悲観的になっていますが、たくさんの暗号通貨を見て来た僕としては、今回のバリューコインに関しては上で説明したような理由からとても期待できるなと思いました。

 

100%値段が上がるとか、絶対買った方がいいとか全くもって言うつもりはありませんが、今回は偶然の縁と僕の興味から記事にさせてもらいました。

 

バリューコインはまだ取引所にも上々していませんが、もし興味があれば購入できるパイプを持っています。

 

現在1VALUECOINhttps://www.valuecoin.moneyです。

 

もし興味がある方いましたら、お気軽に質問してください。

 

今回はニュー・フリーメイソン(新洪門)の暗号通貨バリューコインについての記事でした!

 

バリューコインについてのニュース記事一覧

 

値段の確認:https://www.valuecoin.money

セキュリティーに関しての記事

バリューコインが世界最高峰セキュリティの鍵付・保険付ウォレット採用!「ニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーション」「FCOインターナショナルリミテッ...
ブロックチェーンジャパン株式会社のプレスリリース(2018年7月25日 11時09分)バリューコインが世界最高峰セキュリティの鍵付・保険付ウォレット採用!三社合同記者発表

コインオタクさんの記事
https://coin-otaku.com/topic/20024

 

 

コメント